2016
08.09

八ヶ岳-おまけ

Category: 旅行

下書きに入れたままだった
今さらだけどアップします

                


おまけと称して
残った写真をアップします

中央道小淵沢出口から一番近くにある
とってもお世話になったセブンイレブン

セブンイレブン

本編には載せていなかった
「わんパラ」コテージ内部
リフォームしたばかりとあって
お風呂や洗面所 キッチンも綺麗

クローゼットが使えていたらパーフェクトだったのに
残念です
荷物がケージの上に積まれたり
ハンガーを鴨居にかけることになりました

コテージ内

備品は十分揃っており
オーブントースターやティファールもありましたよ

わんパラ備品2

こちらは
美味しかったのですが
5000円なら許せるフレンチ
(真ん中の肉にお金がかかっているようです)

フレンチ

わんパラにお泊まりすると
こちらの温泉が500円で利用できます
(車で5分)
施設内にコインランドリーもあるので
入浴前に洗濯機を回し
入浴後回収
お宿に戻って
室内乾燥機付きのお風呂に干せば
4時間くらいで乾きます

ネオスポーツフロント

こちらは別の温泉
(富士見高原リゾート内)

温泉

あちらこちらに温泉がありますが
あんまり温泉に興味のない連れ合いは
内風呂で十分満足していました

八ヶ岳堪能

散財の八ヶ岳滞在でしたが
バディは飛んだし
高原ライフが始めてだった飼い主も
十分楽しい時間を過ごせました

これから本格的な夏がやってきますが
爽やかな八ヶ岳に想いを馳せつつ
クーラーの効いた部屋にバディと一緒に入り浸ります

ありがとう



Comment:0  Trackback:0
2016
07.11

八ヶ岳-その9 最終回

Category: 旅行

いよいよ残り一日

明後日予定があるので
内装リフォームが終わっていなくても
明日は東京に戻ります

最後のイベントは近場の富士見高原リゾートで
天空の遊覧カートに乗って頂上まで行きました

富士見高原カート

自動運転のゴルフカートで25分
バディカートは後ろに積めたので持参

富士見高原山頂

展望台からは
富士山・北岳・奥穂高が見えるそうですが
この日はうす曇りでよく見えなかった

富士見高原展望台

涼しいけど歩くと暑い

富士見高原1

行き帰りのカート乗車時間が50分
それを含めて2時間でお願いしますと言われたから
頂上にいるのは1時間ってところです

夏場は午後8時まで営業しているので
お天気だと星空が素晴らしいでしょうね

富士見高原カート2

カートで下りてきて
最後のランチは
八ヶ岳アウトレットを通り過ぎた場所にある
そばきり 「喜蕎八」(ききょうや)さんに行きました

そばきり1

連れ合いは “鴨と地産夏野菜の彩りそば”
私は “十割そば” を堪能

そばきり喜蕎八

小淵沢地元の谷桜酒造さんで
お土産のお酒を仕入れてから
お宿に戻りました

谷桜酒造

すがすがしい空気を身にまとい
テラスで本を読みながら午後の時間を過ごす

あっという間の半月でした

特にこの三日間は食事付きだったので
嬉しかったな~

最後は飲み比べ

エヴァーグリーン食事4

エヴァーグリーンさんは1980年代に建てられたそうですが
今のオーナーご夫妻が
このペンションを引き継いで2年になるそうです

やんわりしたお二人のおしゃべりと物腰
アロマが香る落ち着いたお部屋
そして食事

とてもゆったりした時間の流れているお宿です
お世話になりました

エヴァーグリーンオーナー
葵衣ちゃんと看板犬のこだまちゃん


さてと
東京さ 帰るべ

ウインク



Comment:0  Trackback:0
2016
07.10

八ヶ岳-その8 諏訪大社の御柱

Category: 旅行

「エヴァーグリーン」さんは
富士見高原のペンション村にあります

テニスコートもあり
実はバディ家
テニス道具を持参してきていました

でも
八ヶ岳に来る前日の4時間テニスで
膝に支障をきたした わ・た・し
あれから2週間たったけど
やっぱり違和感が消えないのでテニスはやめておきました

エヴァーグリーン食事朝

彩りがきれいな朝食をいただき
向かったのは諏訪湖です

諏訪湖

お祭りは終わりましたが
折角だから御柱を見に行こうと
諏訪大社の上社本宮へ

諏訪御柱

HPを見てもペット禁止の文字は見当たらず
他のワンちゃんのブログを読みながら
ダメもとでバディを連れて行き
鳥居わきにいた人に再確認して
鳥居をくぐりました

参拝は出来ないと思います

諏訪御柱2

御柱祭が終了したからか
記念撮影が行われていましたが
最後の最後で事故が起こってしまったのですよね

諏訪御柱3

上社本宮の御柱の一本

御柱ってよく知りませんでしたが
諏訪大社だけでも社殿が4つあり
それぞれの四隅に立てるので計16本必要なのですって

東京へ戻ってすぐに
NHKで御柱祭のスペシャル番組が放送されたので
録画して観ました

諏訪御柱4

この日のお酒と料理
ワインのような日本酒もありました

エヴァーグリーン食事2

どこに行ってもへそ天のバディです

エヴァーグリーン部屋

寒かったね~

ありがとう


Comment:0  Trackback:0
2016
07.10

八ヶ岳-その7 エヴァーグリーン

Category: 旅行

旅も終盤

と言うか
この日東京に帰る予定だったバディ家

しかしながら
カーペットの張替に手間取り
リフォームが終わっていないと連絡が入ったのが一昨日

わんパラさんに尋ねてみると
土曜日が満室で
その日以外は大丈夫との回答でした

追加2泊なので
1泊どこかに移り、わんパラさんに戻るのも面倒だな~
電波が入る所でネット検索したら
「エヴァーグリーン」さんがヒットしたので
速攻抑えておきました

というわけで
11時前に「わんパラ」さんをチェックアウトして
コンビニでランチを買い
入笠山(にゅうかさやま)に行きました

カートごとゴンドラに乗って山頂駅へ

入笠山ゴンドラ

すずらんが咲き始めているらしく
砂利道に車輪を取られながら行くこと15分で
入笠湿原への入口に到着

この両脇の緑全てすずらんです
(上からでは葉っぱの緑しか写らない

ここを下りるの?
手すりもないところをバディ抱えて下りて行ったら
帰りは上らないといけないわよね~・・・

入笠山すずらん1

危ないからやめましょ

入笠山すずらん2

そして山頂駅に戻ると
何のことはない
すぐ近くにもすずらん群生地があるじゃない

入笠山すずらん3

ほら
湿原よりも咲いてるよ

入笠山すずらん4

近くのベンチでランチを食べて帰りもゴンドラ

ちゃんとスロープまで用意されている・・・
と思ったら
ここはマウンテンバイクの聖地になっているらしく
マウンテンバイク用のスロープだったのですよ

入笠山バイク2

ほらっ
皆さんバイクと共にゴンドラから降りてきます

入笠山バイク3

傾斜がどのくらいか分かりずらいですが
私には絶対無理

入笠山バイク

ゴンドラで景色を眺めながら下ります

土埃で汚れた顔を拭いてもらうバディ

入笠山帰り

麓では
初級者コースに挑んでいる親子に
声をかけてもらいました
(顔出し了承済)

入笠山ふもと



そして
新しいお宿 「EVER GREEN」さんへ

エヴァーグリーン1

公にはペットの食堂立ち入りOKではありませんが
他の方々の了解を得れば連れて行けます

エヴァーグリーン2

精進料理
夕食に魚は出ますが
肉は朝食のひき肉(オムレツ)やソーセージのみ

大食漢の方々にはちょっと勧められません
でも
このところ何処へ行っても食事の量が多すぎたバディ飼い主には
味も薄めでとっても胃に優しい食事でした
連れ合いも大満足

エヴァーグリーン食事1

なんと言っても
オーナーさんは日本酒が大好きで
日本酒に合うお料理をモットーにしています

お休みの日には
長野の酒蔵を訪ねて回り
希少なお酒を譲っていただくとか


2泊で予約していたのに
3泊する事が決定しました

(いつ終わるんじゃい内装リフォーム

オヤスミ



Comment:0  Trackback:0
2016
07.04

八ヶ岳-その6

Category: 旅行

2週間の滞在中
「わんパラ」さんでは素泊まりだったため
朝夕は 基本 おうちご飯でした
(コンビニやスーパーで総菜購入)

でもランチは外出先でとることが多かったです
そのうちの気になる2軒

まずは
「カフェ・ド・ペイザン」

カフェドペイザン1

テラス席ペット可で
近くを流れる川のせせらぎが気持ちよかった

カフェドペイザン2

スープの器が大きくて
食べきれるか心配だったけれど
パンのお共に平らげました

カフェドペイザン3

朝 窯でパンを焼いたあとの熱で
ストウブで煮込むそうです

カフェドペイザン4


                

もう一軒は
よく通った道にあり
マタギ料理が食べたくなるお店
「仙人小屋」

マタギ料理

丸太を半分に切ったテーブルは重そう

マタギ料理2

何を注文しようかな

マタギ料理メニュー

いろいろな種類のお茶がありましたが
私はカラマツ茶が気に入った~

マタギ料理もろもろ

鹿熊焼肉・山菜天ぷら・いわな塩焼きを注文
食べきれなかった分は
勿論バディへのお土産です(ドギーバック

マタギ料理料理

こちらは鹿?

マタギ料理皮

そしてこれは熊?

マタギ料理皮2

おー、バディまで・・・

剥製じゃなくて良かった

マタギ料理留守番

ストウブの煮込みは何度でも食べたいですが
鹿さんと熊さんは
もうイイかな~

ウインク



Comment:0  Trackback:0
back-to-top