2018
06.04

体調不良の原因!

Category: 病院

そもそもの始まりは今年の3月2日の朝
毎日のお手入れ時間に目の下を拭こうとしたら
「痛い(ギャン)」と拒否られてしまった

それも凄い痛がりようだったから
すぐに病院へ

目が痛い

先生も
特定部位を触ると
「やめろー痛いじゃないか
と叫ぶバディの様子に
痛いのが目の下であることは確定的だが
それが目なのか口の中なのか脳みそなのかをさぐる

しかし判断がつかない

なので
まずはステロイド目薬で様子をみることになりました

目薬

家に戻って点眼を開始すると
夕方には目やにを拭いても痛がらなくなったので
3日間目薬を続けて終了

二度寝

その後何事もなかったように過ごしていたのに
5月2日再発しちゃった

またまた目薬で収まったものの
「一度目医者で診てもらった方が安心するかもしれませんね
と主治医に助言されたので
処方箋を書いていただいて
予約してから目医者さんに行ってきました

自宅から歩いて10分だけど
この日は小雨が降っていたので車でGO

眼医者2

診察台の上に乗り
「みんなバディちゃんのように診察させてくれたら
先生たちは助かるわ~
なんて嬉しい言葉をかけてもらいながら
飼い主の前で
人間並みに機械に顎を乗せて目を検査します

そして奥の検査室でエコーや写真を撮って
再度診察室で結果を聞きます

結局目に異常は認められませんでした

症状

目に異常がないことがハッキリしたところで

さてどうする   

飼い主のもやもやを吹っ飛ばすために
歯に力を入れている病院にも行くことにしました

歯医者

予約なしなので待ち時間覚悟で行ったら
ちょうど前のワンちゃんが診察を受けているところで
他に誰もいなかった

待合室

すぐに呼ばれて
診察室で不安顔のバディです

先生が口の周りを探りながらちょっと力を入れると
かなり嫌がる
こんなに嫌がることは珍しいから何かあるのか・・・

検査室でレントゲン写真を撮る間も
かなり嫌がって威嚇の声をあげていた

不安顔

結果は
ここの病院ではレントゲン写真画像を頂けなかったので
目医者さんの写真で説明すると

もともとペキニーズ(短頭種)は口先が短い分
歯が折り重なるように生えてしまうそうです(黄色○)
(必要が無いから若ければ抜く

バディも重なっているし
左奥歯はグラグラだって

それは置いておいて
レントゲン写真を見た途端
「ホー、なるほどね」と首をかしげる先生
赤い○のところから菌が入って
その上のところが歯周病になっているとのこと

若くて心臓病も無ければ手術したいところだが
年齢・犬の種類・心臓病を考えると
手術は麻酔のリスクが高すぎます
このまま様子を見て
また目の下を痛がったら連れてきてください
と言われました

歯

実は
主治医にも目医者さんにも
この歯医者さんにも話しましたが
目の下を痛がった両日ともに
前の日に
骨(人間が食べたあとの豚のスペアリブの骨)を与えていた飼い主

若いころは骨を砕いて歯を健康に保てるけれど
今のバディに骨は固すぎたのね
ヒマチー(ヒマラヤチーズ)も与えないでくださいって

さらに
ドライをふやかさずに与えてって
(柔らかいものが歯に残って歯周病を悪化させるから)

それで~
何の治療もせずに帰宅しました

元気

飼い主のもやもやはどうなったかと言うと

硬い骨をかじらせて
歯周病の根っこを刺激して痛みが出たと考えられるので
これからは
柔らかいけれど噛まなくてはいけない食べ物を与え
出来るだけきちんと歯磨きをして
食べ残しを少なくする

なんと極めてフツーな結果に落ち着かせ
もやもやを晴らしました

今週末には
お薬を受け取りがてら
かかりつけ医に結果報告に行かなくちゃ

buddy_short_sleep.gif


トラックバックURL
http://mayume911.blog43.fc2.com/tb.php/715-e64bcd97
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top