2013
03.24

お花見

Category: 花見


今日は、朝からカートに乗ったよ

朝散歩

公園から河川敷に下りる階段も完成

公園河川敷側

お友達の「ガーディ君」と会って

ちょっとだけ一緒にお散歩

ガーディ

今年は週末に合わせて桜が満開になったけど

人間にはこの気温は寒いようだ

桜2

僕には快適なんだけどな

桜1  


                     

これから下は個人的なことをちょっと!

                    

ところで、この桜を見ずに

maeちゃんのパパが虹の橋を渡ったんだ

桜3

新横浜のおうちに行っても

おじいちゃんからおやつをもらえなくなっちゃった

桜4


3月中旬の青空が広がる気持ちの良い日に父が逝った
1年前、外耳道癌という極めてまれなガンの手術をして
その後の放射線治療も頑張ったけど
高齢者の手術はホントに体力を奪ってしまい
昨年10月からは療養病院に入院しなければならなかった

入院当初はよく熱を出していたけど
最近は症状も落ち着き、食事もできて
看護師さんや介護師さんと笑いながら冗談を言っていたのに・・・

あの日は朝、土埃で汚れた車を洗いながら
ふと、病院に行こうかなと思い立ち
実家の母に一緒に行くか、お伺いをたて
午後2時前に病院に着いたのだった

病院に着くと、看護士さんに
「お父様心停止中です」と言われて
あっけにとられながらも病室で心臓マッサージ中の父を見る
「延命どうされますか?」
・・・
延命治療は行わない旨の書類は提出していたけれど
確認なのかな
「延命治療はしなくて結構です」
これで、心臓マッサージも中止、心電図も点滴も外し
院長先生から死亡宣告

当然父はまだ温かく
母は、もう一度お父さんが目を開けると思っていたみたい

その後
丁度、家にいた姪達を病院に呼び
動揺している母と一緒にいてもらって
私は関係各所に電話連絡
夕方には弟家族と一緒に家に戻った父

誰に聞いても、私自身も
「父が私を呼んだ」
としか考えられない
母一人だったら対処が出来なかったよね

お昼ご飯を食事室で食べてから部屋に戻り
ベッドで
「これから昼寝」
と言って介護士さんに手を振ったのが最期だったって

「おやじらしいな、飯まで食って寝ながら逝ったんだ」
弟が微笑みながら言った

この5か月は入院していたけど
誰に迷惑をかけるでもなく、疎んじられることもなく
私たち家族に元気な姿を残して旅立った父に

あっぱれ

SN3S1099_1.jpg

「おとうさん ありがとう そして お疲れ様でした



トラックバックURL
http://mayume911.blog43.fc2.com/tb.php/527-66932230
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.03.24 18:40 | 編集
Maeさんこんにちは。お久しぶりです。
お父さんの話読みました。ご冥福をお祈り申し上げます。
積もる話もあるので、こっち来たらまた会いましょう。
mihodot 2013.03.24 18:49 | 編集
お父さん、ご冥福をお祈り申し上げます
ゆっくり出来るときがきましたら
また、お会いできるといいですね。
まるつ(ぴのパパ)dot 2013.03.25 06:27 | 編集
みんなが楽しくしているのを見るのが好きでしたよね。
いろいろとありがとうございました。
mae(メイ)dot 2013.03.25 12:53 | 編集
mihoさんありがとうございます。
父の事とオットの件が重なりバタバタでしたv-356
いろいろな情報教えてね!ヨロシクです♡
mae(メイ)dot 2013.03.25 12:56 | 編集
まるつさん、ありがとうございます!
みなさんのブログを徘徊出来ていないのですが
ぴのちゃんは抜糸したのでしょうか?

近いうちにお会いしましょうね(^_-)-☆
mae(メイ)dot 2013.03.25 13:00 | 編集
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
バディちゃん、おやつをもらうのが楽しみだったんですね。
maeさん、お疲れが出ませんように。
sandalwood-ydot 2013.03.25 23:11 | 編集
お悔み申し上げます。
大切な人が近くからいなくなってしまうのは寂しいですよね。
でも離れていてもずっと見守っていると思います。
これからはmayさんの心の中で生き続けていますよ。
かおりdot 2013.03.26 22:34 | 編集
ありがとうございますv-352
この他にもバタバタがあり
さすがに昨日からドッと疲れが出ておりますv-356
朝バファリンを1錠のんで、午後は美容院へ行かなくちゃv-355

何があっても時間は止まらないですよねv-354
mae(メイ)dot 2013.03.28 10:48 | 編集
ありがとうございます。
日本の高度経済成長期に働き、子供を育て
それなりに満足のいく人生だったのではないかと思います。

神道では、父は守護神でいてくれるそうなので
私が何処に行っても守ってくれると信じますv-411

mae(メイ)dot 2013.03.28 10:59 | 編集
お父様のご訃報、心よりお悔やみ申し上げます。


母の事を思い出しました。
落ち着いているmaeさんがいてくれてお母様もお心強かったことと思います。
私はとにかく何でも良いから助けてくれって
そう思いましたから・・・
今考えたら、
延命治療を選択しない勇気があれば本当は良かったのかなと思います。
れいこdot 2013.03.28 12:46 | 編集
れいこさん、ありがとうございます!

延命治療については難しい問題だと思います。
我が家の場合は父が高齢で、
父の手術の時から1年間母と弟と三人で話し合っていました。
それでも実際「延命は?」って聞かれた時
「私が父の命を奪ってしまうのか・・・」と思ったのよ。
でも、ベッドの上の父は逝こうとしているようだったから
綺麗なままで逝かせてあげたかった。

ちなみに私は脳死での臓器提供にもサインしています。

いつか時間があれば話したいですねv-352
mae(メイ)dot 2013.03.28 17:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top