2012
07.23

バディ家の北海道旅行 最終日

Category: 旅行

最終日の朝は寒い  くらいの気温ですが

近くのテニスコートでは

5時くらいからボールを打ち合う音がしていました

バディ家も早めにお散歩に出て

オブジェ2

くまさんに乗っかり写真を撮ったり

くまさんと

休憩中にちょっと身だしなみを整えたりして

お手入れ

もっきんばーどさんに戻ります

オブジェ3

お庭では昨晩一緒にお泊りした白柴ちゃん一家にご挨拶

しろしばちゃんと

視線の先には何があるのかな

どこ見てるの?

そして偶然、一日目に泊まった「むってぃ」のお姉さんが

愛犬の散歩をしていました

(むってぃさんの助言で同じ道を帰るルートから
ニセコ回りに変更したので、そのお礼が言えて良かった

むってぃママ

その後、朝食をいただき

もっきんばーど朝食

(ちょこっと置いてあるものにセンスが光っています

オブジェ

テラスでゆっくり紅茶を飲んで帰り支度を整えます

出発

さ~て一路東京を目指して・・・


                            


    ちょっと待った

「もしお時間があったら会えないかしらん

「時間があればで良いのよ、無理しないでね、でも会いたいな

「会えたら嬉しいな


と、バディ飼い主がラブコールを送り続けて実現した

むむファミリーとの対面です 
(むむパパさんは海外出張から戻られてすぐなのにご一緒して下さいました)

むむちゃん

ウインク「ぼくバディだよ、お茶でも一杯どう」

キンチョー

しつこいオトコはモテないよって言ってるのに

むむ姫、かなり引いてる~

きらわれたー

晴れたら小岩井農場に行きたかったのだけど

待ち合わせの時間にはかなりの雨が降っていたので

むむママさんが盛岡手づくり村に案内して下さいました

南部せんべいを焼いている連れ合いと、それを食べる私

焼き立て

南部鉄器や竹細工、あめ、だんご、染物等を見た後

「ぴょんぴょん舎」本店に行って盛岡冷麺を食べた~

(むむパパさんが、ちゃんと予約までしてくれていたのですよ
駐車場には他県ナンバーの車が一杯いました

盛岡冷麺

昼には雨があがり

テラス席はワンコOKだったのでバディも一緒です

冷麺屋さん

むむママさんことsandalwood-y さんのブログ

ぶぶのほっぺと大福のおみみに遊びに行ったのが5年前かな

ラビがいなくなってブログ徘徊をしていた頃でした

ずっと会いたいと思っていたぶぶちゃんと大福ちゃんが

今年相次いで虹の橋を渡り、縁があってむむちゃんが家族になり

やっと会えたむむファミリーはとっても素敵なご家族だったので

ラブコールを送って良かったと、大満足な飼い主です


ずっとおしゃべりしていたかったけど、またの再会を約束して

今度こそ東京へ

SA.jpg

夜8時に戻った我が家は蒸風呂で

家中が冷えるのに丸一日かかりました



長距離ドライブでどうなることかと不安だったけど

やれば出来るものですね 

但し、金銭的にはかなりの出費でした


北海道旅行をお考えの方は、次回の“おまけ”もご参考に


Comment:4  Trackback:0
2012
07.22

バディ家の北海道旅行 六日目

Category: 旅行

夢のような北海道滞在も最終日を迎え

バディは相変わらず朝早くからドッグランを楽しみ

連れ合いは綺麗な空気とタバコの煙を胸いっぱいに吸い

私はまたまた朝風呂ざんす

メリーラン

名残おしいどすな~(ここに住みたい

メリー部屋

和食の朝ごはんで胃袋を満たしてから

フィールドメリーのオーナーさんに別れを告げて

メリー朝食

南下すること2時間半

北海道

函館ターミナルに着きました

函館ターミナル

ここにはドッグランがあるとHPに書いてあったから

私がターミナルでお土産を物色している間に

連れ合いにバディをランで遊ばせるようお願いしていたら

 「ドッグラン汚い

「え~っ?」

函館ラン2

ウッドチップの色が濃かったため汚く見えたようですが

"とんでもないno_fawn.gif"

バディと一緒に端から端まで楽しめましたよ

函館ラン

恋人の聖地なるオブジェ?で皆さん記念撮影をしていたので

我々もあとに続き北海道最後の写真を撮りました

恋人の聖地?

今回は函館12時発の津軽海峡フェリー「びなす」に乗船

5家族一緒です

ドッグルーム

青森に15時50分に到着して、帰りも安比高原で宿泊

「もっきんばーど」さんが今晩のお宿です

もっきんばーど

洗練されたペンションで

お料理もレストラン並みのお味でしたよ

もっきん食事

さりげない物がセンスを感じさせてくれました

廊下

バディは本日2回ドッグランで遊び、夕方はペンション周りを散歩

明日は灼熱の東京に戻るわけだけど

 そ・の・前・に 

「盛岡在住のペキちゃんに会います

最後にお楽しみを取っておいて良かった~

さて、どんな子でしょうね 

Comment:0  Trackback:0
2012
07.21

バディ家の北海道 五日目

Category: 旅行

今回の旅行の目的は富良野のラベンダーを見ることでした

富良野・美瑛を満喫し、これからは帰路となります

前の晩から雨が降り出し、本降り 

焼きたてのパンを食べて

可愛いポットカバーで覆われたお茶を飲んで富良野に別れを告げます

コーヒーポット

今回は三笠インターから道央自動車道を通り小樽へ
(札幌は以前遊びに来ているので今回は素通り)

三笠インター

まず、ワンコも入れるお寿司屋(雅叙園)さんで

連れ合いは念願の岩牡蠣(生・蒸)と厳選刺身を堪能

雅叙園

ウインク「大間の反対側でとれる

   本マグロを食べた~」


  「・・・一切れいくらするんじゃい

ぼくも寿司

食事の後、雨だからバディを車において小樽運河を見て

小樽

運河の横に並ぶ倉庫内を見学

小樽蔵

日本銀行小樽支店で金庫を見て、1億円の札束を持ってみる
(飼い主銀行に勤めていたから実際の札束を扱っていたんだけどね)

一億円

そして、雅叙園のご主人が勧めて下さったお寺を見学し
(木彫りの五百羅漢像のある寺や日本一の木魚のある寺)

小樽からニセコへの途中にあるストーンサークルを見て
(観光ルートに乗っていないので訪れる人は少ない)

安比のむってぃさん一押しのフィールド・メリーさんに向かいます

ストーンサークル

・・・と、簡単に書いたが

ニセコへ着くまでに 

やっちまったぜスピード違反 


高速道路でも山道でもガイド車を見つけて後にくっついて走っていたのに

小さな町で先導者がいなくなり、そのままススッ~と走ったら

やって来ましたお巡りさん 

先日ペキ飼い主仲間にも気を付けるよう言われていたのに

     「くやし~

減点1点、12000円の反則金です ゴールドが・・・



フルーツ街道で買ったサクランボを食べる気力もなく

足早に (でも、ゆっくりと) フィールド・メリーさんに到着

フィールド・メリー

雨がやんでいるのを確認してバディをランで遊ばせます

メリードッグラン

こちらでも美味しい手料理をいただきました

DSC_2844_1.jpg

食事をしながら

メリーのご主人やもう一家族の宿泊者とスピード違反の話をし

この辺りがスピード違反のメッカであることを確認

事故で無くて何よりだったと言うことで

無理やり自分を納得させた夜でした(トホホ



Comment:2  Trackback:0
2012
07.20

バディ家の北海道旅行 四日目

Category: 旅行

ホロホロ山荘さんは、お食事はバイキングでフツーだったけど

とにかくお部屋が広くて、シャワールームではワンコバスまであるの

勿論私は5時から温泉に入って早い出発に備えます


ここから富良野まで3時間半かかるので

朝食を7時前から取らせてもらって7時半にお宿を出ました

ホロホロ山荘2

途中休憩したPAに何とドッグランがあった

何の情報もなくただトイレ休憩に寄っただけだったので

ポツネンと出現したドッグランにビックリです

ドッグラン

11時に富良野に着き、ファーム富田さんに直行

ファーム富田

ラベンダーが見ごろを迎えて、観光客も一杯ですよ

オーストラリアの男性はバディを見て

「ペキニーズだ、ペキニーズがいる」と感激してくださり

ラベンダー

この、香港から来た二人連れは

「トラディッシュペキニーズは香港ではあまり見かけない」と

写真を撮って送って下さいました

香港の方と

お天気も良くて花も綺麗で空気も澄んでいます

花畑

ラベンダーを楽しんだあとは、バディも一緒にジンギスカン

「羊の丘」さんではテラス席の端の席のみワンコOKです

(はるか昔、スキーに来て札幌で食べた食べ放題のジンギスカンは美味しくなかったけど、両親と食べた羊やこのサフォーク種の羊はとっても美味しかったです
ジンギスカン

敷地内で飼われている豚さんや羊さんと対面

ひつじさん

その後、あちこちに点在する木を見に美瑛へ

美瑛

ニョッキリ生えている木が観光資源になるのだから

CMやテレビの影響は大きいですよね

美瑛2

連れ合いが来たかった富良野は想像より規模が小さかったらしく

美瑛の広大さ雄大さに、より北海道を感じたそうです

美瑛3

四季彩の丘でも花々を楽しみました

四季彩の丘

四季彩の丘からほど近いところにある

「ひつじの詩」さんがこの日のお宿

ひつじの詩

3部屋だけの小さなお宿のコテージに泊まりました

食事が美味しくてね~

味付けが柔らかく、胃にやさしくって

この旅行で一番印象に残った食事です

ひつじの詩夕食

夜、雨が降り出しました

明日は本降りの予報が出ているので

晴天の富良野観光が出来たことに感謝しつつ眠りにつきますオヤスミ


Comment:2  Trackback:0
2012
07.19

バディ家の北海道旅行 三日目

Category: 旅行

午前中を函館観光にあてていたので

この日もゆっくり朝食をいただきます

美味しくって、完食 

「車で移動しているだけでカロリー使ってないのにどうしよう

「でも美味しいんだもの


カントリーボーン朝食

カントリーボーンさんは裏庭にドッグランがあるのですが

バディを遊ばせる時間がありませんでした 

カントリーボーン

名だたる坂を横切り(上を横切り、下でも横切る)
(だって年寄りには上り下りは無理無理

坂

函館赤レンガ倉庫を歩いて

函館

五稜郭を散策

五稜郭

お昼に函館朝市の馬糞ウニとむらさきウニの食べくらべ

(気温が上がり、バディを車に置いて食事が出来なかったので
お持ち帰りを作ってもらって車内で食べました

ウニも種類によって味が違うのね~(うっとり

朝一

その後高速道路で洞爺湖に向かいます

高速道路

あらら、顔が隠れていないけどいいや 

洞爺湖2

遊覧船の中で、連れ合いがバディを抱えています

顔出し

天気が良すぎて暑いから表に出ず船内で涼むバディ家

遊覧船

途中島に降りてソフトクリームを食べたり

ノーリードでバディを遊ばせたり・・・

バディも走るんですよ

洞爺湖

そしてホロホロ山荘さんへ

ホロホロ山荘

部屋の写真がありませんが、と~っても広くて最高のお部屋でした

温泉も勿論24時間

足湯・寝湯・陶器風呂・ジャグジー・打たせ湯・サウナ・露天風呂・香り風呂

プラス 近くの温泉を巡るバスもちょくちょく出ていて

お風呂めぐりも出来るんですって

連れ合いは温泉に興味が無いのでもったいない

私は夜、星空を見に外に出て星空観察をしたけど寒かったです

Comment:2  Trackback:0
2012
07.18

バディ家の北海道旅行 二日目

Category: 旅行

今回北海道に旅行することになって一番頼りにしたのが

Honda Dog のサイト

長距離ドライブ初心者の我々が

安全快適に目的地に行って帰宅するまでが旅行なので

Honda Dog さんに記載されている記事を参考にしました



そこで1日目の宿泊を盛岡から50分くらい北にある安比高原に決め

「むってぃ」さんに宿泊

翌朝、青森からのフェリー時間を「ブルードルフィン」12時に合わせるか

「びるご」14時20分に合わせるかで出発の時間がかわりますが

青森もちょっと見たいから「びるご」にして

むってぃさんで朝ゆっくり時間を過ごしました

むってぃ

バディがドッグランで朝の散歩を楽しんでいる頃

露天風呂で朝風呂を楽しむワタシ

むってぃドッグラン

そして朝食

むってぃ朝食

「むってぃ」のお姉さんは我々の北海道旅行の予定を聞き

帰路の予定が高速を走るだけでもったいないのでニセコ回りを提案

その的確なアドバイスに従いちょっと旅を変更しちゃいました


最後に一緒に写真を撮って10時前に出発

むってぃ2

青森駅周辺に12時前に到着し

魚菜センターでのっけ丼なるものに挑戦

その名の通り、器にご飯を盛っていただき

好きなお店の好きな商品をご飯の上にのっける丼です

自分で作るちらし寿司のようなものかな(面白いし美味しかった)

のっけ丼

小さいねぶたを見てから青森港に向かいます

ねぶた

ワンコがいるので1時間前にフェリーターミナルに着き

チェックインを済ませて乗船

犬連れの車は先に乗せてくれました

(津軽海峡フェリーはドッグルームのある船が3隻ありますよ)

フェリー

船で3時間40分

他の飼い主さんとおしゃべりしている間に函館に着きました

は~るばるきたぜ、ハコダテ~

函館山

ここではいかいか亭でいかを堪能

いか定食・いか焼き・あら汁・ご飯単品を二人でシェアします

いかいか亭

その後7時半にこの日のお宿「カントリーボーン」さんに到着してから

夜景を見に函館山に向かいます

(ここからゴンドラ乗り場まで歩いて3分)

カントリーボーン

バディをスリングに入れて函館山ゴンドラで山頂へ

修学旅行生や旅行客で山頂は人が一杯ですが、景色は見られた

函館山山頂

前回の函館は雨で夜景が見られなかったから、大満足でした


 おまけ

この日は台湾からの旅行客が多く

バディを見てフォーンのペキニーズに驚かれました

台湾では白ペキちゃんが定番になっているのでしょうね wink_white.gif


Comment:6  Trackback:0
2012
07.17

バディ家の北海道旅行 一日目

Category: 旅行


 「富良野にラベンダーを見に行きたい」

 「バディはどうするの

 「一緒に行く」

 「え”、車でかい

こんな言葉から始まったバディ家の北海道旅行

ラフスケジュールをたてて

予定表

連れ合いが永田町で北海道のパンフレットをゲットしてきて

予定

キングファイル(中)に一杯の資料をプリントアウトして
(昔の人間はプリントアウトしないと気が済まない)

予定2

そして出発日を迎えようとしていたところ葬儀の予定が入った

  ガーン 

一日ずらすと、すべての予定をずらさねばならず

キャンセルするにはあまりにも、心が北海道に飛びすぎている 

  決行だ 

葬儀の場所が南町田に近かったのでバディをグランベリーのJOKERさんに預け
葬儀を終えてバディを引き取ってから、午後2時前に南町田を出発です


Gモール
グランベリーモール、GAP横の細道

南町田は東名横浜インターに近いので、東名から首都高3号線を通り

用賀

まず東北自動車道 佐野SAで休憩

佐野SA

ドッグランでバディを遊ばせます

佐野PA1

那須高原SAでまたお散歩

那須高原SA

安達太良SAにも寄り

安達太良SA

仙台南を通り過ぎ

ジャンクション

長者原SAで食事とドッグラン

長者原SA

この時すでに7時をまわっていて、ドッグランも真っ暗です

長者原2

このあと、雨が降ふるなか安全走行して

この日のお宿、安比高原(むってぃ)に9時半に到着しました



お宿の感想は二日目ね


Comment:6  Trackback:0
2012
07.15

バディ家が北海道へ~!

Category: 旅行

バディ家 ウインク

ドライブ嫌いなのに、北海道に行ってきた~

DSC_2450_1.jpg

お洗濯と片付けに忙しいから詳細はボチボチね 

Comment:0  Trackback:0
2012
07.05

Category: 未分類

すっごく迷惑そうな顔をしているバディ 

でも、なんとなくバディが家に来た時の顔を思い出したので

バディファイルの一番最初の写真を見てみたら、あった 

DSC_2215_1.jpg

仔犬を見にいらっしゃいと言われて行ったは良いが

お持ち帰りするとは全く考えなかった日の一枚 

ハハハ、かっわい~

IMG_0009_1.jpg

成長したバディはその後

置いてあったぬいぐるみと寄り添って寝ていた オヤスミ

DSC_2220_1.jpg

アップ

DSC_2222_1.jpg

何を思って、こんなにくっついて寝ているんだろうな


Comment:6  Trackback:0
2012
07.02

梅雨時期のデート!

Category: ペキニーズ

梅雨真っ只中の日曜日

雨が降っても、お日様ギラギラでも大丈夫なように

三宿のandy cafeさんでデートしてきました

ここは室内ドッグランがあるのでワンコ達も快適です 
(次郎長親分がクーラー設定温度をペキ仕様にしてくれました

DSC_2262_1.jpg

それでも

暑がりな音々姫ちゃんはテーブルの冷たい脚にあご乗せ~ 

バディも持参保冷剤に腹乗せ~ 

DSC_2248_1.jpg

茶々姫はこの日1歳のお誕生日

DSC_2236_1.jpg

夏場暑くてお洋服を着ないぴのちゃんはマイペースで休憩中 

DSC_2246_1.jpg

この日もランでは次郎長君の正面写真が撮れなかった 
(鼻ぺちゃーずのフレブルちゃんを遊びに誘う次郎長君)

DSC_2260_1.jpg

次郎長一家の茶々姫ちゃんと、ぴのちゃん、バディ

バディの顔の大きさに、お嬢様方の顔が引けてる~

顔でか

5匹ともフォーンだなんて、あとで気が付いたわ・た・し(^^ゞ
(音々姫はレッドかな?)

集合1


ランチが終わって雨が降っていなかったので

裏手にある世田谷公園を散歩しながら駐車場へ向かいます

公園

暑かったけど、みんな頑張ったね 

DSC_2293_1.jpg

次郎長一家さん、今度はそちら方面に伺いますよ 

ぴのパパ・ママさん、また遊びましょうね 


7月に突入し今年も後半戦開始です 

熱中症に注意しながら、暑い夏を乗り切りましょう 

Comment:4  Trackback:0
back-to-top