2011
04.30

ちょっと

Category: 未分類

バディ家久しぶりにお出かけして来ました

昨年ジャカルタに行った時にお世話になった方がご主人と一緒に

この連休を利用して日本に来ているのです

コピー (1) ~ DSCF2307_1

そのお世話になった方(のりちゃん)のお兄さんが

バディのお友達であるくう太君の飼い主たまさんです

くう太君のママ、さいさんが素敵なドッグランを紹介してくれました

のりちゃん一家もゴールデンを2頭飼っているのでワンコ大好き

でも、日本では小さめのワンコばかりでちょっと物足りないかな

DSCF2310_1.jpg

この日バディは鎮痛剤が効いていて、とっても元気

のりちゃんにも抱っこされたり、お腹をなでなでしてもらいました

コピー (1) ~ DSCF2319_1

痛みが無いと、よたよたしながらも歩いてくれます

DSCF2315_1.jpg

夜の涼しい風をあびながら、気持ちよく寝ていますね

DSCF2324_1.jpg

1ヶ月半ぶりにお友達と会えてクンクンさせてもらったし

危うくバトルしちゃいそうなくらい元気な姿を見せて

とっても嬉しかったのでしょう

でも、痛みが無いから出来るので

まだまだ本調子ではないから、当分バトル禁止です

ちゃんと治して遊ぼうね



さいさん、ご一緒させて頂きありがとうございました ありがとう

のりちゃん、気をつけてお帰りくださいね ウインク
又会う日まで・・・



Comment:4  Trackback:0
2011
04.26

Category: 未分類

先週土曜日の大荒れの天気(バディ家地方台風のような風雨でした)

その中、飲み会で外出した飼い主ですが

とっても久しぶりに虹を見ました

電車の中から撮ったので良く分からないかもしれませんが

丁度電線の間をきれいに左右に虹がかかっています(希望の虹)

SN3S0169_1.jpg

何とも痛々しく動くバディ

SN3S0162_1.jpg

「ぼく、一生懸命なんです

   どいてください


SN3S0163_1.jpg

口を一文字に結び、痛さに耐えているのか険しい顔つきです

SN3S0171_1.jpg

世間はGWに突入するんだよ~

バディがこんな具合ではお出かけしても楽しくないから

どこか近場で遊ぼうかしらね


Comment:8  Trackback:0
2011
04.19

絶好調と絶不調

Category: 病気

2週間前、桜の季節にバディのお庭の立ち入り禁止が解けました

やっと世田谷ポールさんにもご挨拶が出来るようになったのに

バディはまだまだお外に出る元気もありません

SN3S0156_1.jpg

一回目の針治療のあと、すこぶる元気になり

動ける喜びからか、あちこち動き回り食欲も抜群でした

SN3S0147_1.jpg

でも次の日には動きすぎた反動か、腰が重くなり

食事も自分で食べずに「食べさせて」と催促

SN3S0158_1.jpg

「自分で食べなさい」 と放って置いたら

         いじけた 

SN3S0159_1.jpg

こんな感じで、隅っこにイジケ虫一匹

SN3S0160_1.jpg

まったくもう

お腹がすいたら勝手に食べると思うけど
足腰の調子も悪いし、飼い主手を出しちゃいます

そして今週に入り、生肉と茹で豚レバーしか食べなくなった

「こいつ~、完全に甘えているな

生肉にはビタミンもあるし、レバーは高カロリーだからまぁ大丈夫

夜はドライをふやかしてレバーと混ぜてあげてみます(食べるかな?)



ここ二日は一日一回のオシッコ・ウンチ

日曜日には心配で夜時間外診療をお願いしましたが

排泄感覚はあるし、尿道が詰まっている訳でもないから心配なさそうです


あまり動きたくないから、水とご飯を控えているのかな


オフ会のお誘いも来ているのに参加できなくてゴメンナサイ ありがとう

バディが元気になったら、参加させて頂きますね

もう少し待っていて下さい



Comment:6  Trackback:0
2011
04.14

これからの治療

Category: 病気

あっという間に桜が満開を過ぎてしまいました

先週末の満開の桜です

ご近所さんの、左が桜・右の紅白の花はしだれ桃です

コピー (1) ~ SN3S0150

バディが上ってしまった公園の階段の上にある桜も見事
(ちなみに階段は120段ありました

コピー (1) ~ SN3S0151

ここは今週月曜日に行った、成瀬と横浜を流れる恩田川の桜

コピー (1) ~ SN3S0152

でも、どんなに綺麗な桜を見ても

バディがいない花見はなんとも味気ないです

コピー (1) ~ SN3S0155

焦るのは良くないけど、動きの悪いバディの左足を見ていると

何とかならないものか考えさせられ

今までの治療が終わってあとは投薬だけとなったので

いろいろな方のご助言を参考に

やっと重い腰を上げて針治療を受けることにしました

良くなるといいね、バディ



Comment:8  Trackback:0
2011
04.07

良かったり悪かったり

Category: 病気

この日はとっても調子がよく ウインク


こんなに丸まってお昼寝していました オヤスミ


2011-04-07 002_1

食欲がなくなる事が無いので

元気だと左足を引きずりながらキッチンを覗きにやってきます

2011-04-07 004_1

この日はハンバーグ (バディのもあるでよ

SN3S0146_1.jpg

お先にちらっと目前に持っていったら

目が飛び出しそうになりながらパクつきました

2011-04-07 006_1

ドライもちゃんと食べますよ

2011-04-07 007_1

注射のせいで良く水を飲みオシッコするからか、体重が落ちてしまい

先生に体重を増やすように言われて、今は2割り増しの食事を食べさせています


こんな風に動き回れるくらいの日と

痛いからなのか、ずっとアルミボードでペッタリしている日があります

自分で動こうとするのを飼い主が助けるのはリハビリにならないから

歩こうとするのなら歩かせて下さいとのことですが

見ているだけというのも辛い飼い主です




Comment:12  Trackback:0
2011
04.02

バディ家の治療方針

Category: 病気
「ご心配をおかけしています」 ありがとう


最初の通院から2週間

初めは、すぐ快方に向かったので楽観視していましたが

6日目ころからバディが動きたがらないようになり

28日には左足の感覚が無くなってしまいました
(左足の肉球を挟んでも反応しない)

先生も、「神経がつぶされたままの状態だと戻らなくなる可能性もある」

と言う事で高度医療センターで診察を受けようかどうしようか迷いました

コピー (1) ~ SN3S0144
しかし、我が家の方針としては
 1.手術はしない
 2.全身麻酔もかけない
と決めていたので、高度医療センターに行く意味が無かったのです

確かに高度医療センターに行けば全身麻酔でMRIを撮り

何処で何処の神経が圧迫されているのか

これから良いほうに向かうのか、全くダメになってしまうのか

かなりの確立で診断がつくようです

コピー (1) ~ SN3S0143

でも、診断がついたところでその後の治療が変わることはありません

手術はしないと決めているのだから

数日間の静脈への高濃度ビタミン剤の注入、投薬そして安静

あとは針治療を平行して受けるか・・・これしか選択技が無いのです

コピー (1) ~ SN3S0142

バディの主治医も

「こんな時だから迷ってあたりまえ、高度医療センターに行きたくなったら
すぐ紹介するし、針治療も構わない」と、言ってくださっています

私の連れ合い自身、若い頃椎間板ヘルニアを患い

手術をするかどうかの選択に迷った経験を持つので

今のバディの状態と重ね合わせている部分があるかもしれません
(結局、寝ていただけで何もしなかった連れ合いです)

幸いバディは食欲はあるし、左足の感覚も戻ってきました

オチッコもちゃんとシートまで行って済ませています

生き物の自然治癒力って馬鹿に出来ないと考えている飼い主です


「だからぼくは

お薬飲んでゆっくり寝ます オヤスミ 」


ぼちぼち経過報告しますね

ウインク



Comment:5  Trackback:0
back-to-top