2017
02.02

バディの体調!

Category: 病気

下書きに入れっぱなしでした
1月15日の記事です

                    

バディが
僧帽弁閉鎖不全症になって
服用している薬です

薬

最初の発作後の検査(2016年10月13日)で
心臓が少し大きくなっていて
エコーの数値も高い部分があると言われ
アピナックは一日一錠
フロセミドは朝晩一錠ずつ飲ませました

おすまし

その後
咳も出ず体調も良いので
フロセミドを一日一錠に減らし
数日後には
アピナックだけにしました(獣医の指示)

ひなたぼっこ

しかし
利尿剤フロセミドをやめて
1週間たたずに発作が起きるから
またフロセミド復活

それを3~4回繰り返しています

来週またお医者さんに行くので
血液検査とともに
バディにとってより良い方法を探すべく
相談してきます

ベッド

今のところ
フロセミド服用中は元気なんだけどな

オヤスミ



Comment:0  Trackback:0
2017
01.15

バディ元気ですよ!

Category: 病気

みなさま
ご無沙汰いたしております

バディ
元気です

食欲あり

朝晩の散歩も
デパートにも出かけています
(カートインだけど

しかしながら
動物病院の先生曰く
「人間もそうだけど
薬には必ず副作用があるので
なるべく飲ませたくない」

そのギリギリの線を探している最中で
バディが体調不良になったこともありました

そのため
ワン連れランチにバディ欠席
マックス君・マックスママ、ごめんね~

学大ランチ

体調不良については
またの機会に書くとして

クリスマスは
例年通りチキンを焼きました

チキン

昔は半身のターキーが売っていたのに
今は輸入してくれない
ラビはターキー食べていたよね

ラビターキー

大きさが違う・・・

ラビもバディも顔の大きさは変わらないので
七面鳥の大きさが際立ちますね

チキン2

大嫌いな被り物を乗せられて
気分がブルーなバディ

チキン3

クリスマスシーズン
駅周辺では
マルシェと称して
いろいろなお店が出ていました

駅前マルシェ

年末年始へ

ウインク



Comment:0  Trackback:0
2016
12.05

僧帽弁閉鎖不全症

Category: 病気

前回からのつづき

心臓病1

バディが
僧帽弁閉鎖不全症と診断されて服薬が始まり
(アピナックとフロセミド)
1週間後から利尿薬(フロセミド)を半分にし
様子をみたものの
次の診察時にまだ咳が続いていたので
利尿薬(フロセミド)を元に戻すことになった

それから2週間で咳も落ち着いたので
心臓の薬だけにしたのが11月中旬
(アピナックが心臓の薬)

心臓病2

その間も
ペキジャム・代々木公園ハロウィンペキオフなど
無理をさせなければ大丈夫だろう・・・と

というか
飼い主がたくさんのペキちゃんと会いたかったために
バディを連れまわしたのよね

心臓病3

獣医さんからは
心臓病はポックリ逝ってもおかしくないのですよ
と言われていたのに

飼い主失格
・・・
それを悟ったのが
11月最後のオフ会でした

調子に乗って
何度かカートから下ろして散歩させたのだけど
その日の夜
とっても苦しそうな息と呼吸で
寝られない様子

体をなでて落ち着かせて
朝方やっと普通の寝息に戻ってくれた

後日
心臓病のワンコのブログを読んだり

ワンコ友達からは
「我が家も心臓病」という連絡が相次ぎ
この病気を患っているワンコの多さに
改めて気付かされました

心臓本

トコちゃんのおねえたんが送ってくれた本


連れ合いの朝食時
パンのおこぼれに預かろうと
椅子の下で待つバディ

心臓病5

暖かかった週末のお散歩

心臓病4

いろいろな例はあるけれど
無理せず暮せば
16歳まで生きられるって

ネガティブは切り捨てて
ポジティブ思考だけで生きてきた私だもの
勿論
良いことだけを考えて
バディと生きてゆくことにします

みなさま
なかなかお会い出来なくなりますが
これからもバディ家を宜しくお願い致します

ありがとう



Comment:2  Trackback:0
2016
12.03

バディ家 大オフ会お休み宣言!

Category: 病気

突然ですが

バディ家
当分のあいだ
大きなオフ会へ参加しないことにしました

心臓病
ぼく みんなと会えないんだって

理由は
バディの心臓疾患
(僧帽弁閉鎖不全症)

                

事の起こりは
9月末に行った高山わんパラさんで
就寝中に
「ギャン」と鳴いたのがはじめでした

二回目は
三浦海岸お泊りした2日後に
連れ合いが公園散歩に行き
カートから下ろしてすぐ「ギャン」と鳴き
ちょっとのあいだ身を固めていたらしい

連れ合いに
動物病院に連れて行ってもらったのだけど
何を話したのか
腰痛の痛み止めとサプリを貰ってきた

違うでしょ
先生にちゃんと症状を説明したのか尋ねたら
「なんか痛がっている・・・」と

次の日は用事があったので
二日後午前中に私が動物病院に連れて行き
きちんと説明すると
先生はちゃんと聴診器で心音を聞いて
「雑音がするので
バディちゃんをお預かりして
レントゲン・超音波・血液検査などしたい」


そりゃそうだよね

午後お迎えに行くと
僧帽弁閉鎖不全症
という病名がついていました

「症状は軽いけれど
人間ならば絶対安静なんですよ
お薬でコントロールしましょう」


と言われ
お薬をいただきました

薬

アピナックは血管拡張の薬

心臓が少し大きく
くぐもった咳のような症状もあり
超音波の何ちゃらの数値が高いので
利尿剤フロセミドも合わせて服用します
(これは咳が治まったら服用しません)

長くなりそうなので
続きは次回に持ち越しです

オヤスミ


Comment:6  Trackback:0
2015
09.10

日本は暑い?

Category: 病気

無事帰国  を果たし

バディも家で落ち着いた  と思える頃

日本帰国

バディがアルミボードにへばり付いて離れない 

動かない

動作も鈍く
腰の下あたりを気にする様子がうかがえたので
確認したら

おチ〇チンの ボードに触れる所が擦れてる 

床ずれ

一週間も間をおかず
再び病院へ  

玉川動物愛護病院

先生に笑われましたわよ 

薬をいただいて
エアコンの設定温度を25度にして 

寒い

バディの場所は20度以下 

冷える

さすがにクレートにも入るし 

クレート

ソファーの横にも移動

ソファー横

お決まりのへそ天も披露してくれました 

お決まりポーズ

涼しくしていたつもりだけど
バディにとっては
家の中もジャカルタより暑かったのね 

回復

帰国直後
電気代金の請求が怖い飼い主です 

ウインク


Comment:2  Trackback:0
back-to-top